不具合がある場合

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

車に不具合がある場合について

不具合があったら、その分査定額が下がってしまう可能性が高くなります。 だから、ばれないのであれば、言いたくないという気持ちがあるのは当然でしょう。 そうすれば、査定額が下がる心配もありません。

とは言っても、査定士はそこまで甘くありませんし、なんと言ってもプロです。 万が一、最初の査定で不具合が見つからなかったとしても、その後事故暦や修復歴が見つかることもあります。 そうなると、査定額が下がることはもちろんですが、賠償金の請求など大きなトラブルに発展してしまうことだってあるのです。 それに、一度嘘が発覚すると、他にもあるのではないかと疑われてしまうことも。 それが買取拒否になったり、横のつながりがある場合には、他の買取業者からも断られてしまうかもしれません。 買い取ってもらえても、ものすごい低い査定額になる可能性も出てきます。

こういった余計なトラブルを起こさないためにも、不具合がある場合には、正直に申告しておくのが正解です。 もしかしたら、自分が思っているよりも、査定にひびかないこともあります。 例えば、車をぶつけたことがあっても、それが足回りやエンジンに影響がない場合には、査定額が大幅に下がることはないのです。 こういった判断は査定士がきちんとしてくれるので、不具合すべてをマイナスと捉える必要はありません。 きちんと申告をすることで印象もよくなり、それが査定にも繋がることもあるので、不具合は事前に申告しましょう。