必要な書類

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

売却の時に必要となる書類

中古車査定での売却時に必要な書類については、すぐに用意出来ないものもあるため、事前にしっかり確認しておかなくてはいけません。 書類が足りなかったり、不備があったりすると売却が出来なくなってしまいます。 中古車は、売却する時期とスピードが肝心です。 書類の用意に手間取ってしまって、その間に査定が下がってしまうなんてこともあります。 ですから、ちゃんと確認してあらかじめ用意しておきましょう。

中古車査定での売却時に必要な書類は、車検証、印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、リサイクル券になります。 車検証は、車内に携帯しておくことが義務となっているので、これは問題ありません。 紛失してしまった場合には、陸運局で再交付を受けなくてはいけないので、気を付けましょう。

印鑑証明は、役所で発行してもらえるので、事前にとっておきましょう。 自賠責保険証明書は、通常なら保険証と一緒にしまっておくと思います。 ただし、紛失していたら、加入している保険会社で再発行してもらわなくてはいけません。 自動車税納税書も、保険証と一緒にしておく方が多いようです。 紛失の場合は、自動車税管理事務所で再発行してもらえます。 リサイクル券を紛失したら、陸運局の専用端末で再発行してもらいましょう。

ちなみに、住所や苗字などを変更になった場合には、住民票や戸籍謄本が必要になるので、きちんと確認してください。 また、書類以外に、印鑑と売却代金を振り込む口座番号も必要になるので、併せて用意しておきましょう。