ローンが残っている車

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

ローンが残っている車の手続きについて

車は、ほとんどの方がローンで購入していると言ってもいいと思います。 車のローンは長期にわたるため、何らかの事情で途中で売却をするということもあるでしょう。 ただし、気を付けたいのは、ローンの支払いが終わるまでは、車の実質的な所有者はクレジット会社ということです。 簡単に言うと、まだ自分のものではないので、勝手に売却することは出来ないのです。

では、ローンが残っている車は売却出来ないのか、というとそうではありません。 ローンが残っていても、ローンを一括返済するか、新たにローンを組み替えることで売却が可能になります。 ローンの一括返済は、売却したお金で残りのローンを支払うことです。 もし、残債が100万円あって、売却する金額が100万円以上なら、それで一括返済が完了します。

だけど、車の状態によっては、売却しても金額が足らないこともあるでしょう。 こういった場合は、ローンの組み換えをするしかありません。 もし、売却しても50万円足らなかったら、その50万円を他のクレジット会社から借りて返済するのがローンの組み換えです。 ローンがなくなるわけではありませんが、この方法なら売却をしても問題ありません。 最近は、買取業者の方でローンの組み替え用のクレジット会社と提携しているところもあります。 金融会社でお金を借りるより、車のローンで組み替えた方が金利が安い場合もあるので、一度相談してみるといいですね。