査定時のポイント 内装編

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

査定時に見られるポイント(内装編)

基本的には、内装も外装も新車の状態に近いほど、車の査定は高くなります。 ですから、査定だからと言って何もしないと、査定額はぐんと下がってしまいます。 高く売るためには、見られるポイントをきちんと押さえておきましょう。

内装は、もちろん綺麗な方がいいのですが、その前に装備品をチェックされます。 装備品は、メーカー純正品であるのが一番理想です。 ディーラーが取り付けたものでも、メーカー純正品なら高評価になります。 また、装備品に不具合がないかどうかもチェックされます。 これは、自分ではどうにもならないので、不具合が出ないように普段から気を付けるしかありませんね。

自分で取り付けた社外品の場合、どんなに高額なものでも、車検が通らないようなものだとマイナスになります。 特に、ハンドルやマフラー、ホイールなどを変えてしまっている場合は要注意です。 だから、いくらお金をかけたと言っても、車検にひっかかるようなオプションは取り外しておきましょう。 純正品があるなら、戻しておいた方がいいこともあります。

また、メーターを交換してしまうと、査定が減額されることがあります。 これは正確な走行距離がわからなくなるためで、下手をすると全損扱いになります。 ただし、ディーラーで交換した場合には、整備記録簿に走行距離がきちんと記載されるので、大幅な減額はないでしょう。 とにかく、走行距離は中古車査定でも重要な部分になるので、いたずらにメーターをいじるのはやめた方がいいですね。