事故車の査定

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

事故車の査定について

事故の大きさにもよりますが、事故車と言うのは、査定の時にはどのようなトラブルが起こるのか分からないというリスクがあります。 そのため、事故車の査定に関しては、買取業者もリスク回避のために、断ったりすることがあるのです。

また、もし事故車との申告がなく、買取業者も気がつかないまま、「修復歴なし」として販売した場合です。 これが発覚すると、販売店に責任があるとみなされて、返金や引き取りを販売店が行わなくてはいけなくなります。 とにかく、事故車や修復歴のある車は、きちんとそれを表示しなくてはいけないというのが義務になっています。 それに反すると、大きなペナルティーが課せられるため、買取業者も事故車には慎重になってしまうのですね。

でも、売ってしまえばこっちのもの、と考えるのは危険です。 確かに、その中古車を買った人からは何のクレームもないでしょう。 ただし、売却後だとしても、買取業者とのトラブルになることだってあります。

事故車となると、どうしても査定額に影響が出るため、売る側としては出来るだけ隠しておきたいのも分かります。 だけど、そのために大きなトラブルになってしまったら、余計な出費や気苦労をしなくてはいけません。 それに、そういった状態の車を査定士が見逃すことは、ほとんどないと言ってもいいでしょう。 事故車の査定の場合には、お互いの信用が第一となるので、きちんと説明をして申告するのが、円滑に車を売却するポイントです。