下取りと買取

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

買取と下取りの違いについて

どちらも買い取ってもらえるということで結果的には同じことなのですが、 車を買い取ってもらう目的によって、下取りか買取かに分かれます。

車を売却するのは、新車か中古車に乗り換えるか、その車を完全に手放してしまうかのどちらかでしょう。 下取りは、新車を購入する場合にはカーディーラーに、中古車を購入する場合は、中古車販売店に査定してもらいます。 そして、査定額に納得すれば、次に購入する車の費用に、その査定額を充当するのが下取りです。

車を完全に手放して、乗り換える予定がないという場合には、買取専門店に売却して現金を支払ってもらいます。 これが買取というもので、つまり現金化するかしないかが違いと言えますね。

だけど、もちろん、下取りをしてもらうか、買取をしたもらうかは、車を売却する人の自由です。 車を乗り換えるから、必ず下取りをしなくてはいけないこともないし、下取りの方が査定額が高いとも限りません。 ディーラーでは、マニュアルに従って査定額が決まるので、人気車種でもたいしてプラスにはならないのです。 でも、買取専門店の場合は、中古車市場で需要があるかということが査定に反映されます。 つまり、査定の仕方も、下取りと買取で違うということ。 ですから、少しでも高く買い取ってもらうためには、まずは自分の車の相場をしっかり調べておきましょう。 今は、無料で一括査定が出来るサイトもあるので、こういったサイトを利用して、市場価格をチェックしてください。 その価格をベースに、下取りか買取かを決めるのが、損をしない売却方法になります。