売却時のトラブル

中古車査定の情報をまとめました。
中古車査定のことならおまかせください!

売却時に起こるトラブル

売却時のトラブルで一番多いのは、やはり査定額に関係することです。 中でも、査定の時に提示された金額と、実際に売却する段階になって提示される金額が違うというトラブルが多いようです。 多いと言っても、よくあることではないのですが、買取業者の中にはきちんと見積もり書を出さないところもあったりします。 業者の方では、少しでも安く買取りたいというのが本音です。 だから、見積もり書を出さない、という姑息な手を使ったりする業者がいるのですね。

こういったトラブルを防ぐためには、査定をしてもらったら、必ず見積もり書を書いてもらうことです。 口頭だけでは「言った言わない」の争いになってしまい、時間のムダになってしまいます。 ですから、その業者に売却するしないは関係なく、しっかり見積もり書をもらっておきましょう。

次に多いのが、査定した後に傷がついてしまって、査定額が下がってしまうというもの。 これは、買取業者のせいとは言えません。 いくら、きちんと査定額を出して、見積もり書もあったとしても、車の状態が変わってしまえば査定額も変わります。 この時、どれぐらい融通を利かせてくれるかは、買取業者の質に関わってきます。 つまり、買取り価格が良くても、買取業者の質が悪いと、なんの対応もせずにただ査定額を大幅に下げられることも。 この見極めは難しいですが、一括見積もり査定をした際には、その業者の対応もしっかりチェックしておきましょう。